前へ
次へ

求人の質は店長次第で変わる

飲食業で成功している企業でも、求人情報が提供されています。しかも、従業員として正社員もパートやアルバイトの方々も分け隔てることなく、頑張りをしっかり反映させる制度を設けています。それが正社員への登用でもあります。『どこまで行ってもお客さまは神様です』というキャッチコピーを目にしますが、どこまで要望に応えるかは、店の目的や雰囲気とのバランスの兼ね合いでしょう。それを見極めるのは飲食業でいえば、店長になります。飲食店の求人のイメージは、アルバイトでも務まるくらいに単純であるか、長時間の立ち仕事でハードであるイメージでしょう。しかし、業界目線で見れば、居心地や雰囲気がよく、楽しめる、感動させられる奥深さがあることを謳います。それが求人情報で伝わっていないのが問題で、店長の発想、工夫次第で店が活気づいて、集客を呼び、それに比例して売り上げが上がる、だからアルバイトも文句なしに価値ある仕事だと胸を張るのだそうです。

Page Top